なんか作る。

万年初心者はアプリ開発で一攫千金の夢を見るかあるいは

審査にパスするまでの道のり

2014/06/06 申請
2014/06/10 In Review
2014/06/12 Rejected(内容が単純すぎる)
2014/07/11 申請2回目
2014/07/17 Metadata Rejected(アカウントとパスワード教えて)
2014/07/20 Developter Rejected(致命的なバグを見つけたので自分でとりさげ)
2014/07/24 申請3回目
2014/07/25 In Review
2014/07/30 Rejected(18.2 アダルトなコンテンツとかどうなの?対策)
2014/08/04 申請4回目
2014/08/08 In Review から れでぃーふぉーせーる\(^O^)/


 申請1回目は、とりあえず申請してみようと思ってやってみた。事前のいろんな登録や、アイコンとかスクリーンショットとか作る作業があるので、やはり1回目が一番大変。機能が少なかったので、Rejectedされたのは妥当である。
 申請2回目は、はてなハイクにアクセスするので、そのためのユーザーアカウントとパスワード教えてね、とメタデータリジェクト。ところがその審査を待っている間に致命的なバグが見つかってしまったので、いったん自分から申請を取り下げた。
 申請3回目は、こんどこそいけるんじゃね…?という雰囲気。しかし 18.2 の理由でリジェクトされる。SNSとかネットワークに投稿できる系は全部これでひっかかるらしい。こちら お知らせ - AppleAppStoreでiOSアプリの審査に18.2で落ちる時の対処法まとめ | 魔法使いくくさま を参考にさせていただいて、ぐぬあーー!!、と対応。主に利用規約を作ることに気力をさいたが、こういう作業案外得意らしくて、半日ぐらいでできた。あぁ良かったね自分。
 そして申請4回目。なかなかレビューにならねーなー、土日になっちまうなー、と思っていたが、遅く起きた土曜日にぼやーとみたらステータスが変わっていた\(^O^)/


 イィィイイイイイイヤホォオオオオオウウゥウウゥウウウウウ

って心地です。

 さてこれから、いつ公開するか、どこで宣伝するか。

 はてなハイクのクライアントアプリなんだからそこ以外で宣伝しようがないんだが。もうひとふんばり。