なんか作る&なんかする

万年寝太郎は一攫千金の夢を見る

洗濯機を買いたいので調べる

自分のために整理する


現状

  • 音がやばい
  • 濡れているところが多い気がする
  • そもそもリコールだし

定まっていること

  • 8kg以上


制限

  • パンのサイズ 54cm以上はある55cmはギリギリ?
  • 給水栓は120cm以下となるのか
  • ドラム式は10kgか11kg以上

迷っていること

  • 乾燥機能
  • 縦型かドラム式
  • パナソニック、日立、東芝
    • パナソニック:高い。家の中に増えていくのかがなんか。
    • 日立:価格は真ん中。ご縁がなかったけど気になる。
    • 東芝:安い。ぼろくそにいう人はいう。

予算

  • 縦型 10万前後
  • ドラム式 25万前後

縦型とドラム式の違い

  • 汚れの落ち方
  • 水?

ドラム式の乾燥の違い

  • いろいろあるらしい


備考

  • どこかのメーカーの洗濯機を味噌糞にいっていたが思い出せない

anacondaのjupyterでmatplotlibの日本語

 anacondaのjupyterでmatplotlibの日本語


 ってなんだ!
 呪文か!


 jupyterはいつのまにかインストールされていたAnaconda-Navigatorから起動。起動にめちゃくちゃ時間がかかる。


 グラフが文字化けするので、フォントをいれて読み込ませなきゃならないよという話。


ゼロからはじめるPython(3) JupyterでCSVファイルを視覚化してみよう | マイナビニュース

 をやってたら文字化けがうまく解消せず。matplotlibrcのファイルが違ったかんじ? 読み込む順番とかの違いか。


Matplotlibでの文字化けの対処法には日本語化の設定をしよう!

 最終的にはこちらを参考にして解決しました。有り難うございます。


みつけた検索条件

  • キーワード 「anaconda jupyter 文字化け」で
  • 期間:1年以内

Qiitaの良し悪しとおばちゃん

 ちょっと調べると、Qiitaのサイトはばんばんあたる。内容の精度は自分で判断するしかない。それは個人のサイトでも同じだ。

 Qiitaには、デザインからしてもちろん、あるいていどのフォーマットができている。そのフォーマットがあるゆえに、Qiitaを好み、頼りにしている人は多いかも知れない。
 共通化されているが故に、良し悪しの判断もしにくくなる。
 個人のあてになるサイトは、そもそも、見やすく書かれている。何をしたかが淡々と書かれている。これは実はすごく大変だ。自分でやってみればわかるが、unixの作業など、コマンドうちこんでパーッとやってしまうので、ある環境へ至るために何をやったかなど、スカーっと忘れてしまうのだ。動けばまいっか。よくない。
 ちゃんと記録して、何をしたからこうなった、とちゃんと書き表せる人は、もうそれだけである程度のスキルのレベルをいろいろクリアしているのである。

 デザインは好みもある。見た目の配色が自分とあわない場合は、やはりあまり参考にならない。そういうの大事だ。宗教戦争じみているけど、エディタがどれとか、配色はどうするとか、だいじでしょう。


 Qiitaは描き手の個性が残らないので、情報もあまり頭に残りにくい。名をはせたいなら? 生きた証を残したいなら、ブログで書け!。
 いやそれ、そういうんじゃなくて、情報を、集めて共有することが大事なんだよ! そう、そこも分かるけどね。なんだろうねえ、それだとやはり企業がやっている技術ブログのほうがちょっとうまかったりするんだよな。学生とか趣味の人は、なかなかすべてをそこにはかかない。その必要性もないから。
 スタックオーバーフローのように、具体的なQAは、集まっているとすごくありがたいんだが。


 そんなわけで、検索条件からQiitaをのぞいたりする。まあ単に自分が古いインターネット文化になじみがあるからだけかもしれないけど。へんなこだわりが、我ながら面白いなと思った。

macでAnacondaでdjangoで

 なんかよくわからない。自分の環境もよく分からない。
 わからないけどどうもanacondaが入っているらしい(自分のエントリすらさかのぼらない)ので、

Windows10 + anaconda + python3.6 で djangoをインストールして動かしてみる - アラカン"BOKU"のITな日常

こちらを参考にしてみた。ちなみにうちはMac


conda create -n django python=3.6

(略)
# To activate this environment, use:
# > source activate django
#
# To deactivate an active environment, use:
# > source deactivate

よくわかんないけど djangoという環境がこれで動くのだろう。
(名前あれ)

source activate django

conda install django

django-admin startproject hello

python hello/manage.py runserver

サーバが起動して
なんかエラーも出てるけど

http://localhost:8000/
にアクセスしたら動いていた。
珍しい。

あとは、settings.py、html、pyファイル、つくり、urls.pyとか追加したら動いた。
サーバー再起動いらんのね。
すご。

とりあえずここまで。


viコマンドのddとpも忘れていたわ。

靴下のシワのばして干す方法

 かかとの部分を持ってふる(タオルのシワをとるのと同様に)

 

 靴下は新品のあいだは、ちゃんと畳まれていふるときは平面であるが、一度履くと立体的な筒状になる。洗濯をすると、上とそこの部分は、まるで平面と平面がいびつにくっついたようになる。足首から上の部分は新品時の平面に近いが、底の足の部分は足の形に近い状態で平面になってしまうのてある。

 干すときには、それを、やはり新品時のちゃんと全体で平面の状態にしたい。くっついた底の部分をひっぱって、もとの垂直に違う向きの平面にしなければならない。それが意外と面倒くさい。一個一個つまんではずす、一足で二個ずつ。

 これがなんとかならないかとふとあるとき考えた。タオルは干すときに、5、6回軽くふる。それと同様にすればいいんじゃないかと?。そこで、靴の上や下など先ではなく、曲がるところ、かかとの部分を持って、軽く振ってみた。

 すごくうまくいった。

 無論、適した形状の靴下とか、限られると思いますが、たいていのものは、軽く振って干せばええんちゃう。

 

MacのPython環境がぐちゃあ

 毎回毎回毎回挫折しているので、いつも中途半端で、MacPythonの環境がどうなってるかわからない。現状を把握したいが実はそもそもMac OSになれていない。ずっと95年くらいからMacユーザーだけど、万年初心者なんだよな。会社はWindowsLinuxだったから。わかりやすく説明してるサイトとかないかなぁぼんやり。

はてなハイクのしよう…??

 偽はてなハイクを作る場合、「どういったものを作りたいか」はもう既存のものがあるので、基本的にはそれをそのまま移築する。その際に、どの程度、改善修正しなければならないかはもめるところだが、とりま問題は分割せよ!!


 ミニマムな機能のカテゴリ

  • ユーザ管理(認証)
  • エントリ(キーワード、本文)
  • エントリへのスター機能


 ここに、以下をくわえて

  • 画像(ユーザアイコン、エントリの添付)
  • お気に入りのキーワード
  • お気に入りのユーザー


 もう少しドリルダウンする。

  • ユーザ管理(認証)
    • 登録、認証
    • 更新
    • 削除(退会)
  • エントリ(キーワード、本文、画像)の取得(各エントリに※ユーザアイコン)
    • 期間指定
    • キーワード指定
    • ユーザー指定
    • お気に入りキーワード指定
    • お気に入りユーザ指定
  • エントリの追加、削除
    • フォーム投稿(※添付、お絵描き機能)
    • メール投稿(※添付)
  • エントリへのスター追加、削除
  • お気に入りのキーワード、取得、追加、削除
  • お気に入りのユーザー、取得、追加、削除


 見えている範囲はこれくらいかなあ。けっこうあるねぇ。


 見えてる範囲、というのがくせもので、見えていない範囲はもっとすごいんだよなー。